歯の健康維持は全身の健康維持


歯の健康は全身の健康と関係している
生活習慣病の1つとして患者が増えているメタボリックシンドローム。
メタボリックシンドロームは高血圧、高血糖、肥満などの危険因子が重なった健康状態のときのことを言います。
これらの危険因子が重なると、糖尿病や脳卒中、心筋梗塞といった病気の発症確率が非常に高くなります。

国内外の疫学調査で、高血糖・糖尿病や肥満のひとには歯周病患者が多く、その上重症になりやすいことがわかったのです。
その一方で、肥満予防として、食事には時間をかけ、自分の歯でしっかりゆっくり噛むことがいいこともわかっています。
糖尿病にかかった患者に対して歯周病の管理・治療をすることで血糖コントロールが改善されることも明らかとなり、歯の健康と全身の健康は深く関係していることがわかりました。

メダボリックシンドロームの要因となっている内臓脂肪の蓄積(肥満)、高血圧、高血糖、高脂血のすべての症状に関連しているのが食生活でした。

バランスの良い食事、適切な量での食事のためには歯が健康であることが欠かせません。
歯を失う原因の9割が歯周病・虫歯です。生活習慣病・メダボリックシンドロームの予防の基本は歯を健康に保つこと。
正しい歯磨きで健康な歯を維持しましょう。
歯磨きのしかた
・全体を磨くのではなく、歯1本1本を磨くことを意識しましょう
・歯ブラシは横に動かすだけでなく上下にも動かすことでいろんな角度から歯の汚れを落としましょうtest
・毛先のひらいてしまっている歯ブラシでは歯磨きの効果が激減します。歯ブラシの状態は常にチェックしましょう。