乳歯と永久歯


永久歯が生えてこない?
永久歯はその名の通り永久のものです。だからその歯がなくなったもう終わり。新しい歯が生えてくることはありません。
しかし、最近永久歯が生えてこない人が増えています。
その理由にはいくつか考えられますが、一般的には永久歯の出る準備が整っていない場合です。このケースは無理に乳歯を抜いても続いて生える永久歯の準備ができていない状態なので、よくありません。
次に多いのが、乳歯が永久歯が生えるスペースの邪魔をしている場合。このケースのときには、歯医者で乳歯を抜いてもらう必要があります。
抜けた歯ってどうしてる??
日本では昔から、乳歯が抜けると、上の歯は床下に。下の歯なら屋根の上に投げて次に生えてくる永久歯をその方向へちゃんと生えてくるようにおまじないをするといいと言われてきました。
投げるときおまじないの言葉として「ネズミの歯のように強くなれ」とか「ネズミの歯と変えてくれ」とか願いをかけたことでしょう。
世界にもこれに似たようなおまじないが各地に存在し、お願する相手はネズミだけでなく、すずめやカラス小鳥やお月さま、聖ヨハネなど様々です。

欧米では、抜けた乳歯を枕下に置いておくと、トゥース・フェアリー(歯の妖精)が集めて代わりにコインを置いていくという言い伝えがありあます。
妖精はきれいな歯した持っていかないという言い伝えで、虫歯予防の戒めになっています。