マッサージを行うときの手の使い方について


gf2160339831マッサージを自分で行う際には、刺激をする位置にあわせて、

手の形や使い方を変えながら、手指をしっかりと密着させていくというのがコツになります。

 

密着させた手のひらや指、手首などを使って、さすったり、もんだり、押したり、

時にはたたいたりしながら刺激を加えていきます。
さする際には、皮膚に手のひらをしっかりと密着させて、

軽く力を加えながら、ゆっくりと同じスピードで動かしていきます。
リンパマッサージ、すげええええええええええ – NAVER まとめ

このときには手のひら全体、もしくは指の膜を皮膚に密着させるようにしましょう。

皮下にある静脈やリンパ液の循環を促す目的や、高ぶった神経を鎮めてリラックスさせるのに効果的です。
もむときには、手のひらで筋肉をつかむようにしてもんだり、

体表に垂直に当てた親指や手首の付け根を皮膚に密着させたままで円を描くように動かすようにします。

 

筋肉の緊張をほぐして、血流を高める効果があります。
押す際には親指を使って力強く押したり、握りこぶしにした指の関節を当てて力を加えてみます。

ゆっくりと段階的に力を入れていき、ゆっくりと力を抜きつつ刺激します。

 

親指の第一関節や人差し指の第二関節を使うといいでしょう。
たたく際には手のひらをお椀のようにし、力を入れすぎずリズミカルにたたいていきます。
http://www.coritori.net/